スフィーダのにんじん

1月も中旬に差し掛かり、
スフィーダの畑では人参の収穫真っ盛りです。

スフィーダと言ったら人参というほど、
農業を始めてからずっと作り続けてきた看板野菜なのですが、
ここ数年で作付け面積もジワジワと増え、
色・味・用途など様々な品種を栽培することになりました。

2019年の人参紹介をしていきたいと思います。

黒人参

black carrot
3年ぐらい前から作り始めた品種です。
沖縄原産の人参で、生で食べても甘くて美味しいのですが、
この人参の真骨頂はロースト!!
甘みとコクが最高で、オリーブオイルで焼いてからさっと塩をふるだけでたまりません。
色素が強い為にスープなどにいれると黒いスープになってしまうのでお気をつけ下さい。

黄色白人参

yellow carrot
white carrot
昨年から始めた品種です。
生食でクセ無くサラダにするととても奇麗です。
加熱すると甘さが爆発するので、パスタなどの具材や、
スープの具材にしても美味しいです。

金時人参

kintoki
今年度から始めた品種です。
赤色が濃く煮物にした時の色合いが美しい品種です。
生で糖度を計ると10度を超える程甘みが強いです。
来年からの定番になりそうです。

人参を買える場所、食べれる場所

スフィーダでは上記の人参に加え、紫や爽やかな香りの品種、がつんと人参が楽しめる濃い味の品種も栽培中です。

買える場所

フードオアシスアツミ山田店さん

食べれる場所

-豊橋エリア-
アトワタンさん
Ristorante Belugaさん
aruさん
FUCAさん
キッチンカワセミさん

-豊川エリア-
GITAさん
CINQUE(チンクエ)さん

どこも人気店ですのでご予約の上足を運んでみてはいかがでしょうか?

『あなただけ』の野菜ボックス

スフィーダの野菜ボックスって??

農業を始めてからずっと変わらず、毎日毎日畑に出て、いろいろな種類の野菜を作り続けてきました。
そんな日々の中では、全く思ったように作れなかった野菜や思った以上に美味しくできて、現在の定番になった野菜。
何年も作れないのに、懲りずにまた挑戦して、また作れない。何年も何年もそんなことをくり返しながら、やっと販売にこぎ着けた野菜。
作ってきた数だけ僕たちの想いがあり、そしてその集大成がスフィーダの野菜ボックスです。

1年を通して四季を感じることができ、家庭で美味しく調理できるように葉もの・根菜・果菜などをバランスよく選んで用意させて頂いております。

いったいどんな野菜が入るの?

四季折々の旬の野菜が入ります。

春には菜花やアスパラ。
夏にはナスやトマトやピーマン、オクラなどの夏野菜
秋にはさつまいもや里芋
冬には大根やキャベツ、人参など
季節の野菜を中心に僕たちが選んでお届けします。

春の野菜ボックスの一例(昨年3月末)

・大根
・人参
・ジャガイモ
・白菜
・白ネギ
・菜花
・わさび菜
・赤カラシ菜
・アスパラガス

価格や注文方法は?

四季折々の旬の野菜が8〜10品目入って

大ボックス 3,000円(税込み3,240円)

中ボックス 2,500円(税込み2,700円)

小ボックス 2,000円(税込み2,160円)

このボックスの差は一品当りの量で調整させて頂きます。

ご注文はメールまたはネットショップよりお願いします!

☆info@sfida831.comにメール☆

・お名前

・お住まいの住所

・電話番号

・家族構成

・配達希望曜日・時間

・配達頻度(毎週or隔週or月1回)

・その他希望があれば

以上7項目をそえてメールください。

☆ネットショップから注文☆

スフィーダネットショップ

配達方法

コチラの記事から確認下さい。
スフィーダの野菜の買える場所

僕たちのこだわり

野菜を作り始めて8年の中でたくさんのお客さんに出会いました。

それぞれ、好きな野菜や苦手な野菜。

使い易い野菜や使いにくい野菜。

『育ち盛りの子供がいるからたくさん野菜を食べさせたい』

『夫婦二人暮らしだから量はいらないけど、いろいろな種類の野菜を少しずつ使う』

『料理が好き!!珍しい野菜を食べたい』

『毎日人参ジュースを飲むから人参をたくさん使う!』

こんないろいろな意見を聞きながら、

それぞれの野菜ボックスに一人一人のご要望を反映させることができたら

もっともっと喜んでくれるのではないかと

「あなただけの野菜ボックス」が生まれました。

〜あなただけの一例〜

①『育ち盛りの子供がいるからたくさん野菜を食べさせたい』
            ↓↓↓
少し傷が入ってしまった野菜や大きくなってしまった野菜を中心に作る野菜ボックス

②『夫婦二人暮らしだから量はいらないけど、いろいろな種類の野菜を少しずつ使う』
            ↓↓↓
レストランに卸しているクオリティーの野菜や単価の高い野菜を中心に作る野菜ボックス

③『料理が好き!!珍しい野菜を食べたい』
            ↓↓↓
イタリア野菜や京野菜などスーパーではなかなか出会えない珍しい野菜中心の野菜ボックス

④『毎日人参ジュースを飲むから人参をたくさん使う』
            ↓↓↓
内容の半分を人参にして残りを定番の野菜で作る野菜ボックス

特に決まりは作っていません!

僕たちの出来る限り、お客様一人一人とのやり取りの中で

それぞれのご家庭に合った

あなただけの野菜ボックスをご用意したいと思っています。

今以上に野菜が特別に感じてもらえるような

そんな野菜ボックスをお試し下さい!

この時期の農家の仕事

こんばんは。

シライです。

 

12月も中盤に差し掛かり、農家の仕事も一段落。。。
と思いきやまだまだ忙しい日々が続いています。

確かに夏場のトマトやナス、オクラを栽培している時期に比べると
収穫に追われない分、精神的には楽にはなってきているのですが、

単純に日が出ている期間が短くなってきている分、
ぎゅっっっっと詰まった仕事内容で動いています。

現在、出荷している野菜は主な野菜

人参

ベビーリーフ

大根

キャベツ

ジャガイモ

スナップエンドウ

ブロッコリー

 

そして間もなく始まる小カブや菜花類や芽キャベツなど

ひっきりなしに新しい野菜が始まります。

収穫出荷作業に大半の時間が費やされる中

12月後半には4月穫りの大根や人参の準備が始まり、

来年度から本格的に始めるベビーリーフの準備もぼちぼち動き出します。

なすやオクラの片付けやまだまだ半分以上残しているジャガイモの収穫、

玉ネギの植付け(あと1万苗)

数えればきりがない程の作業を限られた時間の中で

こなしていく日々が一年中続く仕事。

まぁまぁキツいこともたくさんあるのですが

3ヶ月後にできる最高においしい野菜を一番に食べられる特権を最大の楽しみに

明日からも頑張ります。

↑これから始まる小カブ『あやめ雪』です

紫と白のコントラストが最高にかわいいですよね